東久留米の妊婦中の引越し

妊婦中の引越し

 

東久留米妊娠引越し 

 

妊娠中に引越しを経験したという方は結構多いようです。

 

妊娠中でも安定期に入れば普通に動いてももう安心と思われがちですが、安定期でも重いものを持ったり無理をするとやはり危険です。
妊娠中は何か月を過ぎれば安全という保障は全くありません。
できるだけ安静に引越しできる方法を探しましょう。

 

季節はずれの衣類や使わない雑貨はどんどんダンボールに入れましょう。
あまり大きなダンボールを使うと衣類といえどかなりの重さになりますから、ダンボールは大きなものにしないでください。。

 

ダンボールの重さが重くなりすぎないように注意してくださいね。
本や食器などの重いものは旦那さんや他の家族にお願いしましょう。

 

妊娠中はつわりがひどく予定よりも動けなかった方もいます。
中には産む前までつわりで苦しんだという方もいますので、時間に余裕をもって準備をしましょう。

 

もし旦那さんも仕事で忙しくて全然引越しの準備が出来ないという方は、引越し業者のサービス「おまかせパック」を使いましょう。
梱包から荷解きまですべて引越し業者のスタッフにお任せというプランです。

 

しかしおまかせパックであっても、人に見られたくないものや大事なもの、現金、高級な宝飾品や美術品、パソコンなどの精密機器は自分で梱包したり運びましょう。
妊娠中は「おまかせパック」が簡単でオススメです。