引越し業者東久留米

東久留米 引越し 相場

東久留米 引越し 価格

東久留米 引越し 見積もり

東久留米 引越し 料金

東久留米 引越し 最安値

 

たくさんある引っ越し業者の中から、一番良い1社を見つけたい。
でも、電話帳やインターネットで調べると 東久留米市だけでも20件以上ヒットします。

 

こんな多くのお店の中から引っ越し業者を1社だけ選ぶのは、大変な作業です。

 

そこでオススメなのが、引っ越し業者一括見積もりです。

 

1回情報を入力すれば、200社以上の会社から最大で10件を選んで見積もりを取ることができます。

 

東久留米 引越し

 

 

あなた自身の引っ越し料金の相場はもちろん、最安値の会社も簡単に見つけることができます。
サービスが充実している大手の引越し業者にするのか、価格が安い地元密着の引っ越し会社にするのかは、あなた次第です。

 

良い引っ越し業者を選びたいなら、複数の引っ越し業者の見積もりを比較するのがオススメです。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

引越しの通常期(オフシーズン)と繁忙期(オンシーズン)

 

東久留米引っ越し時期

 

引越し件数は3〜4月が最も多くなります。
この時期は繁忙期(オンシーズン)と呼ばれ、引越し料金が最も高い時期です。

 

引越しが3〜4月に多いのは、4月から大学に入学する学生や就職した新社会人が引っ越しをするからです。
また人事異動で新年度から新天地へ行く会社員の移動がすべて3〜4月に重なるためです。

 

引っ越し業者もこの時期はスタッフを増員したり、1日に回る件数を増やすなどの対策を講じますが到底人手が足りません。
場合によっては引越し自体を断ることもあるのです。
ですから繁忙期はどうしても通常期に比べて費用が高くなってしまうのです。

 

そんな繁忙期であっても少しでも費用を安くしたいのであれば、早く新居を決めて引越し業者に見積もりを依頼することです。
引越しの見積もりは、新居の状況が分からないと確実な料金が出せません。

 

条件の良い引越し業者ほどどんどん予約が入りますから、見積もりが引越し日ギリギリになるほど条件が悪くなる可能性があります。
繁忙期は引越しのことを先延ばしにせず、早めに準備することが重要です。
通常期でも早めに準備したほうがオススメです。

 

 

引越しの手順

 

引越し手順

 

引越しはすることがおおいです。役所関係の書類や電気ガス水道会社に連絡するのも自分です。
おおまかな手順を知っておくと、無駄な動きがなくスムーズですのでご確認くださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。

 

D郵便局へ転送の手続き

 

E引越し当日

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越し費用は新居が決まらない正確な額を見積もることができません。
新居の駐車場の場所、エレベーターの有無なども費用に関係しますので、見積もりは新居が決まってからがオススメです。

 

そして引越しのついでにいらないもの、不用品は処分をしてください。
新居に引越ししてからゆっくり分別したい気もわかりますが、それだと不用品の輸送費も引越しの見積もりに加算されてしまいます。
不用品は引越し前にあげる、売る、捨てるなどして処分してくださいね。

 

市役所に提出する書類は市外への引越しの際は転出届です。引越し日の2週間前から提出できます。
ほかに国民健康保険や国民年金のことも聞いておくと手間がかかりませんね。

 

今現在使っている電気・ガス・水道も引越し日まで使えるようにして費用は日割りで計算してもらうことができます。
手続きの方法は各会社によって異なるので、電話して聞いてくださいね。
ガスはガス会社の人の立ち合いのもと元栓を閉める作業があります。

 

新居に郵便物が届かないと困りますので、郵便局に転送届を提出しておきましょう。
1年間だけ新居に郵便物を転送してくれますから、その間に友人知人に「引越ししました」と連絡してくださいね。

 

引越し当日は家具をどこに置くのかなど指示をしてください。
あらかじめ紙に書いて新居の壁などに貼っておくと引越し屋さんもいちいち聞かなくていいので作業がはかどると思います。

 

新居に最寄りの市役所では市内引越しなら転居届を、市外引越しでは転入届を提出しましょう。
引越し日から2週間以内に提出してくださいね。

 

あとは免許証、保険、パスポート、銀行、カード会社など住所変更が必要そうな所への連絡をしましょう。

 

たくさんすることはありますが、時期が違いますのでそんなに大変ではないですので頑張ってくださいね。

 

 

引越しと挨拶の時期

 

引越しのあいさつ時期

 

引越しの挨拶は、引越し当日か翌日に行きましょう。
挨拶に行くのを先延ばしにすると段々と面倒くさくなったり、道や廊下で住人にバッタリ会ってしまってタイミングを逃したりします。

 

引越し日までに簡単な粗品を用意しておくと、すぐに挨拶に行けるのでおすすめです。
粗品は500円とか1000円くらいのタオルや洗剤、コーヒーやお菓子などの消耗品などが喜ばれると思います。

 

ではどこのお宅まで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋の方に行きましょう。
大家さんや管理人さんが近くにお住いの場合は、その方にもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。
一軒家はマンションのようなに住人専用のゴミ収集所がないので、おそらく町内で当番制で清掃をしているところが多いです。
ほかにもお祭りなど地域の決まり事もあります。
ですから自治会長さんにもご挨拶して、ゴミ出しのルールなどを聞いておくと安心です。

 

 

引越しの初期にかかる費用

 

引越し初期費用

 

マンションやアパートを初めて借りるという方は、入居時にかかる費用は専門用語が多くてわかりにくいですね。
引越し時の物件契約時にかかる費用にはどんなものがあるのでしょうか?

 

賃貸物件の契約には、敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などがかかります。

 

名前だけでは何だか分からないものがたくさんありますね。

 

敷金は部屋を元の状態に戻すための費用で、汚れた壁紙やふすまなどを修理する費用で入居の際に管理会社に預けるものです。
使わなかったお金は退去時に戻ってくることもあります。
もともと部屋にあった傷や汚れは写真に撮っておいて、退去時に自分でつけたものではないことを証明できるようしておきましょう。

 

礼金は貸主へのお礼として昔から慣習的に支払われていたもので、いまだに習慣となっています。
指定されている場合は支払う必要がありますが、ただ最近は礼金ゼロという物件があります。
アパート経営で賃貸アパートやマンションの数が増えたため、少しでも入居しやすくハードルを下げる大家さんもいます。

 

さらに物件によっては2か月分、3か月分の家賃を先払いを求められます。
家賃の滞納が社会問題となっていますので、ちゃんと家賃を支払う能力がある人かどうか確認する意味合いもあります。
反対に1カ月フリーレント(家賃が無料)という貸主もいます。

 

空き部屋問題が深刻化しているので、考え方は貸し主さんの考え方次第です。

 

仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払う費用です。
家賃1カ月分・家賃の数パーセントと会社によって決まっています。契約をする前に確認しておきましょう。

 

昔は賃貸契約の際に連帯保証人として親や兄弟の名前などを契約書にサインさせたりしたものですが、最近は様々な事情により連帯保証人を用意できない人が増えました。
そこで連帯保証会社利用費用を支払って保証会社に依頼するのが主流になりつつあります

 

賃貸物件は集合住宅なので、必ず火災保険に加入しなければなりません。
例えば隣部屋の方が火元で火災が起こった場合でも、自分が火災保険に加入していなければ相手に賠償を請求することはできないのです。
日本の家は密集している上に木造なので、火が出るとあっという間に延焼します。
ですから一人の火災保険の保険料で、被害にあったすべての人の補償ををカバーするのは無理があるです。
火災保険の加入は必須で、自分を守るために必要です。

 

新しく物件に入居する際には、鍵の交換を行いましょう。費用は1・5〜2万円ほどです。
マスターキーは管理会社か大家さんに返却されますが、前の住人がスペアキーを作っていた場合はすべて返却されたかどうか確認できません。
スペアキーを使えば部屋に侵入することが可能で、防犯上不安が残ります。
やはり他人が自分の家のカギを持っているのは気持ちのいいものではありませんものね。

 

このように契約時にかかる費用は物件を扱う不動産会社や貸主さんの考え方によってかなり差があります。
契約する前にしっかり確認しましょう。

 

引越し業者とオプションとは

 

東久留米 引越し

 

引越し費用は交通費と人件費とオプション費用の合計となります。
このオプションというのは、全員には必要ないけどあると便利なサービスのことです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

このようなものがオプションと呼ばれ、サービスの内容は会社によって違います。

 

依頼が多いのはエアコンの移設ですが、これは室外機にもつながっているためは素人ではできません。
しかし引越し前に自分で電気業者に連絡して外してもらう手間と費用、実に面倒です。
引越し業者にオプション依頼しておけば同じくらいの費用で、専門の業者を手配してくれるのでとても便利なのです。

 

引越しの際には新居と旧居の両方を大掃除する必要があります。
しかし体力的にも時間的にも厳しいときは、オプションでハウスクリーニングを依頼することも出来るのです。
家具を運び入れる前に、ついでに害虫駆除をしてもらうと安心ですね。

 

このようにあると便利なサービスがオプションとなるのです。

 

 

 

東京都東久留米市
下里 中央町 南町 南沢 柳窪 八幡町 幸町